外資系 転職 失敗

外資系 転職 失敗

 

近辺に工場の仕事が多かったから

 

私の生まれた地元では、一帯が工業団地になっている場所があり、さまざまな工場がありました。地域の半数以上はその工業団地内の工場で働いているのではないかというくらい、話を聞けばその団地内の工場・企業でした。そのような状況だったので、幼い頃から自然とどんな会社か口コミで聞くことが出来ました。知っている人からの情報や知っている人が働いていると聞くと安心するのもあって、自然とそういった会社に目を向けることが増えてきました。そういった話の中で、現在勤めている工場の話があり、最初のうちは派遣でその工場に勤めていました。それから働いていくうちに社員にならないかという話をいただき、契約社員になり、正社員登用試験を経て正社員になったという流れです。自宅から職場まで10分程度で着くので、通勤が苦にならずにすむというのはやはり大きいと感じます。工場内では体を動かす仕事も多いので疲労も大きいです。そこで通勤時の疲労や負担の軽減が大切になるので、最初の動機も大切だったように思います。

 

 

外資系 転職 失敗

外資系 転職 失敗

 

たまに休日出勤があるが、対価も支払われてたあるので不満はない

 

私達の工場は基本的に土日休みがほとんどなのですが、繁忙期であったり、イレギュラーな生産活動が必要になった時に限りまれに出勤になることがあります。ただ、そういった場合でも、通常の平日出勤の給与体系ではなく、休日出勤の手当が付くのでありがたく思います。何処もそうだと思いますが、工場の仕事は生産量によって内容や量も変わってくるので、たまにある休日出勤はやむを得ないという考えはあります。ただ、やはり休みは誰しも休みたいので、何も対価無くして仕事はしたくないというのが本心です。「休みにも関わらず、それを返上して出勤してありがとう」といった感謝の気持ちが見えるのはやはり手当だと思います。そういったところを評価していただけるのは素直にありがたいと思います。さらに残業時の手当もしっかりつけてくれるのもありがたいです。周りの人でも残業代は出ずにサービス残業を強いられているという話も少なからず耳にします。残業代をいただけるのが当たり前ではない世の中なのが残念ではありますが、そういった時代だからこそありがたがる必要があるのかなと感じます。手当に関しては評価しています。